スイカの最新情報




雨に濡れた大玉なスイカ【すいかの成長記録】

スイカは雨が少なく、とても暑ければよく育ち、甘いスイカになるように思いがちですが、実は梅雨の時期(一番玉が大きくなる時期)の雨がとても重要で、玉の成育には欠かせません。雨が降り多くの水分が玉に行き渡ることで、肥大化して大きな甘いスイカの玉に成育して行きます。

濡れたスイカの写真

今年は、例年通り雨が降り、しかも昨年に比べて気温も高めですので、写真でも分かるとおり、大玉な甘いスイカに育っています。玉はスイカ模様がはっきりし、スイカの葉は健康な深緑色で、玉がどこにあるか分からないほど生い茂っています。

スイカの葉の写真

今年も気候が大変良いので、露地栽培のスイカの出荷は昨年どおり7月中に出荷できそうです。

大玉なスイカを、早く皆さんにお届けできるように日々農作業に励んでおります。

[2009年6月30日 14:01]

このページのトップへ