スイカの最新情報




1回目の整枝作業【すいかの成長記録】

4月も下旬になり暖かい日も多く、下原すいかも順調に成長しています。

下原すいかの整枝作業_1

しっかり根付いてかなり伸びてきました。
そこで本線の蔓の先を止めて子蔓を伸ばすようにします。
次回5本の子蔓にしたいので、先端から6、7節分残して根元の側枝はきれいに欠いていきます。

従来の方法ですと根元に近い子蔓ほど強く、蔓の長さが揃いにくいことがあるのですが、このやり方のほうが根元の蔓を避け、先の子蔓を使うことによってより揃くなります。

下原すいかの整枝作業_2

手を入れた蔓を串で固定して風で動かないようにします。
固定することによってより早く伸びると思いますし、すべての苗を同じよう方向を揃えにして次回手を入れやすくします。

まだまだ朝冷え込む日もありますので管理に気を使う日が続きます。

[2016年4月28日 17:43]

このページのトップへ

2016年の定植作業が始まりました【すいかの成長記録】

4月中旬になり今年も下原すいかの定植作業が始まりました。

20160418.jpg

今年はなんといっても寒暖の差が大きく、20℃超える暖かい日があると思えば、朝-4℃の寒い日があったりで温度管理に苦労が続きます。
そのため早い作型では霜対策に保温を確保するために2重トンネルにしています。

また本年は従来の4本整枝2果から最近取り組んできました5本整枝2果の方法で栽培していきたいと思っています。
そのため先の芽(親蔓の芽)を止めずに植えてあります。
その違い、メリット等については今後のブログで作業に合わせて紹介していきたいと思っています。

これからも天候不順が予想されるため、温度管理や換気には気を使う日々が続きます。

[2016年4月18日 16:24]

このページのトップへ

1